<< ギャラリーラファイエット | main | シャー・アンゼ >>
2008.05.12 Monday

嘉手納スペシャルオリンピックス

今年は秋に開催されることになりました。
例年は6月に開催されるのですが、とにかく暑い!ので、初めて11月の開催となります。

この大会は単なるイベントとは違い、人と人との繋がりオーバーに言えば“人類みな兄弟だ!”的な大きなコミュニケーションの和を感じさせます。

嘉手納スペシャルオリンピックスとは、嘉手納空軍基地主催による本島の養護学校、および授産施設、そして基地内に通う障がいを持つ子供たちが招待され行われるスポーツイベントおよび美術展覧会のことです。

毎年、アスリート、アーティスト、ボランティア、来客者を含め6000人規模で行われる大きなイベントとなりました。
そして、多くの美術作品が各学校、施設から集められアートショーが開催されます。
すべてボランティアだけで運営されるこの大会は、アスリート一人に対し、日本人とアメリカ人二人の援助がつき、この日はご家族の皆様を含めみんなが楽しめるイベントを、みんなで作り上げています。
この日だけは、言葉の壁もなく、政治的な壁もなく、健常者と障がい者といった隔たりもなく、一瞬一瞬が本当に感動の連続の素晴らしいイベントです。

私たちカラーズハウススタッフ一同は、去年よりこのイベントの美術展覧会のコーディネートを勤めています。
今年もとても楽しみにしているイベントの一つです。

すでに大会に向け準備が進められています。
去年にも増していい展示ができるように展示内容を考えなければ…



カメラ 去年のスナップ写真 カメラ

毎年、県や嘉手納周辺の市町村から来賓の方々が応援に来てくださいます。


【オープニングの様子


美術展覧会会場の様子

会場はアスリートたちや来客者、会場を訪れる全ての人が楽しんでいただけるようにお絵描きボードの設置や屋外の床でチョークお絵描きなど、交流の場を設けました。
特にアスリートたちに喜んでもらえるように、明るく賑やかなディスプレイにしました。



セインカミューさんも来たよ〜今年は誰が来るかなー?


お絵描きボードに残されたたくさんのメッセージといろ〜んな絵は宝物です




子供も大人も世界共通、誰もが一つになれる
“アートの力”はすごいなーと実感させてくれます最高拍手